天皇の在位

先日、自宅で西日本新聞を読んでいると、天皇譲位に関する特例法の案が掲載されていた。


その内容を読み終わって、その後の天皇家に想いを馳せてみた。




現在は平成であるが来年の末をもって平成は終わり現在の皇太子が継ぐ。
つまり、平成の期間は30年となる。


現在、皇太子徳仁親王は57歳なので天皇即位時は59歳の年となる。
その後は二十数年後には80歳後半となり、今回と同様に譲位する可能性がある。


となると次の皇位継承は弟君である秋篠宮文仁親王であるが6歳年下なので80歳前後の可能性がある。天皇に即位したとしても長くて数年で次の皇位継承となる悠仁親王が40歳そこそこにて天皇に即位するんじゃなかろうかと思う。ひょっとしたら、秋篠宮文仁親王は自ら即位を望まず悠仁親王へ譲位する可能性もある。


悠仁親王は、40歳を過ぎているので既にご結婚されているとは思うが子供に恵まれれて小中学生ぐらいの子供がいる事であろう。




悠仁親王が天皇に即位する時代には自分は生きてはいないだろうが、せめて徳仁親王の譲位は見届けたいと思う今日この頃である。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。