「お宅の太陽光 大丈夫?」という新聞記事に夫婦があたふた(笑)

昨晩は、かなり強い風が吹いてその音に宅ニャンコがうろうろ、ニャーニャーと騒いでおりました。おかげで、今日はやや寝不足気味・・・


そんな寝不足気味な朝に妻が話しかけてきました。


(妻)「太陽光発電の売電が無くなるかも!?」


我家では、妻が毎朝新聞に目を通しながら食パンを食べてます。
私は、新聞の広告チラシを目を皿の様にして見ながら食パンを食べてます。


先ほどの話の続きを聞きつつ・・・
(ボ)「法人が対象やないけ?」
(妻)「個人宅も対象みたい。」


(ボ)「大きい発電量の家庭だけやない? 我が家細々やし・・・」
(妻)「発電量は関係ないらしいよ。」


(ボ)「えぇ~~そんな話聞いてないし~」


新聞記事によると今年の四月の法改正により、事業計画書なるものを提出しなければ売電できなくなるとの事だけど、周知が徹底されてなく、さらに期限が今年の12月31日までとか。


もう、目の前やん?!


事情が良くつかめてないので妻が出勤した後にネットで調べて更に設置業者に確認を入れてみることにしました。


結果…



我家に関しては、対象外でした。設置時期が設置対象期間のさらに前でした。


ふぅ~とややため息を漏らして安心しましたよ。


ひょっとしたら、対象のご家庭もあるとは思いますので不安な方は、設置業者に確認するのが宜しかろうと思います。



昨今は、紙媒体の新聞が敬遠されているとはいえこのような感じで世の中の事が分かるとは新聞の良さをあらためて認識しました。


って、ボイドは新聞記事を読んでませんけどね ニャハハハハハ…
 







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。